パパむすブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパむすブログ

パパは息子に恋してる

慢性副鼻腔炎の手術を2度も経験したので体験談をお伝えします

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

副鼻腔炎の治療をかれこれ3年以上つづけておりまして

今回意を決して、2度目の手術のため東京の新橋近くにある

慈恵医大病院に入院してきましたので、その体験記をお伝えします。

今回、2回目となる手術に慈恵医大を選んだのは

副鼻腔炎の手術において、日本有数の名医である

鴻信義先生に執刀していただくためでした。

手術をしようと思ったきっかけは、副鼻腔炎の治療のため

通院して、薬を毎日飲む生活がいつまで続くのだろう、

もしかしたら、ずっと一生この病気と付き合っていかなくては

ならないのかと考え始めたことです。

1回目の手術のときも同じ考えで、意を決して

副鼻腔炎内視鏡手術を日本医科大学で受けたのですが

残念ながら再発してしまいました。

日本医科大学での手術の後、

しばらくの通院ののち、もう大丈夫だから

続きは近所のクリニックに通って、定期的に薬を

飲むように言われて、結局3年くらい薬を飲む生活を

続けてきました。

薬は主に、クラリスムコダイン、ザイザルです、

日本医科大学での最後の通院のとき

担当医の方に手術は成功したから。もう大丈夫だから。

と言われたのですが、何か自分の中では

すっきりしない部分がありました。

成功したからと、押し切るように言い切られてるのも

何か違和感がありましたし、率直に何故か最後は冷たいなぁと

感じていました。

術後の3ヶ月くらいは、症状はほとんどなく

れいな空気が鼻に入ってくる感覚があって

気持ちよかったのですが、しばらくすると

以下の症状が始まりました。

・鼻が極度に詰まる(寝起きは特にそうですが、日中もずっと)

・喉に鼻水が何度も垂れてくる(後鼻漏)

・頭がずーんと重い感じがする

・鼻水の臭いが臭い

・眠りが浅い、起きてもすっきりしない

・日中もすごく眠い

・口臭が気になる

・くしゃみを連発する(ザイザルを飲めばその日は楽になる)

いわゆる慢性副鼻腔炎の症状でして

今回はさらに鼻中湾曲症も併発してますので

併せて鴻先生に手術していただくことにしました。

思い切って2度目の手術ですので

3度目は絶対にやりたくないので

副鼻腔炎の名医を探し出し、運よく

執刀していただけることになりましたので

本当によかったです。

この機会に治療をしっかりすることで

鼻のとおりを良くして、日常生活のハンデというか

過ごし辛さを改善して、もっともっと楽しい生活をおくりたいと

思います。

慢性副鼻腔炎で2度も内視鏡手術をするなんて

ある意味とても貴重な経験だと思いますので

このブログを通して、入院・手術体験記をできるだけ

詳細にお伝えさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村